Sma-sh pay - Mobile Wollet

Sma-sh pay - Mobile Wollet

利用規約

本規約は、株式会社ラッセル(以下「当社」といいます。)が管理運営するSma-sh payの販売及び決済に係るシステム(以下「Sma-sh payシステム」といい、第1条に規定します。)の利用条件を定めるものです。Sma-sh payシステムを利用される前に、本規約を必ずお読みください。Sma-sh payシステムを利用されたことをもって、本規約に同意したものとします。

第1条 定義

本規約において、次の用語はそれぞれ以下の通りの意味を有するものとします。

(1)「Sma-sh pay」とは、当社が発行・管理する電子マネーのことをいい、「Sma-sh payシステム」を利用するために「Sma-sh pay」に付与された16桁の英数字のキー(鍵)のことを「プリペイド番号」といいます。

(2)「Sma-sh payアプリ」とは、iOS(Apple社)又はAndroidOS(Google社)のOSを搭載したスマートフォン又はタブレットに所定の方法でダウンロードして利用する当社が管理運営する決済システムを内蔵押したアプリケーションのことをいいます。又、「Sma-sh payアプリ」はユーザーモードとショップモードから構成され、ユーザーモードは、「Sma-sh pay会員」が「Sma-sh pay加盟店」で商品の購入、又はサービスの対価として「Sma-sh pay」で支払を行うためのシステムであり、ショップモードは、「Sma-sh pay加盟店」が商品の販売、又はサービスの代金として「Sma-sh pay」で決済を行うためのシステムのことをいいます。

(3)「Sma-sh pay購入手段」とは、当社から許諾を受けて「Sma-sh pay」の購入し「Sma-sh payアプリ」にチャージを行うことができる手段をいいます。

(4)「Sma-sh pay加盟店」(以下、加盟店)とは、当社とSma-sh pay加盟店契約を締結し、「Sma-sh payシステム」を決済手段として導入している法人又は個人事業主のことをいいます。

(5)「Sma-sh pay会員」(以下、会員)とは、Sma-sh payを決済手段として利用することを目的とし「Sma-sh payアプリ」をスマートフォン又はタブレットに所定の方法でダウンロードして会員登録を行い、当該Sma-sh pay利用規約を確認し、すべての条項に同意した利用者のことをいいます。

(6)「Sma-sh payシステム」とは、加盟店での支払いのために会員が保有する「Sma-sh pay」を使用するにあたり、「プリペイド番号」を直接又は間接的にキーとして当社へ送信し、利用可能残高の範囲内で利用することができるよう構成され、また、「Sma-sh pay購入手段」での購入・チャージが所定の手続きにて行うことができるよう構成された、当社が管理運営するシステムのことをいいます

第2条 本規約の適用範囲

1.Sma-sh payを保有する方は、本規約を遵守しなければならないものとします。

第3条 Sma-sh payの提供

1.Sma-sh payの単位は「POINT(ポイント)」とし、「1POINT=1円」の価値を有します。

2.当社は、会員に対し、次の媒体を利用してプリペイド番号を提供します。

① 厚紙、PET紙に印字するカード媒体。(カードタイプ)

② 店頭にて印字されるチケット印字用紙、レシート用紙を使ったシート媒体。(シートタイプ)

③ 「Sma-sh payアプリ」をインストールしたスマートフォン又はタブレットの記憶媒体又はサーバーに保持して利用できる仮想媒体。(Webタイプ)

第4条 Sma-sh payの種類及び利用条件

1.Sma-sh payは、プリペイド番号やプリペイド番号の提供のために使用される媒体やサービスの種類毎に利用条件が個別に定められています。利用可能な加盟店や、利用可能残高の条件、リチャージもしくは残高引継の可否については、当社が個別に定める条件や特約に従うものとします。

第5条 Sma-sh payの購入・チャージ・利用

1.会員は、Sma-sh pay購入手段にてSma-sh payを購入又はチャージすることができます。

2.Sma-sh pay購入手段により、購入又はチャージ可能なSma-sh payの媒体が異なります。Sma-sh pay購入手段毎の購入可能な媒体やチャージ取扱の有無については、当社のWebサイトにて確認できます。

3.当社は、前二項に定める手段にて取得された以外のSma-sh payについて、別途当社が定めた場合を除き、一切責任を負わないものとします。

4.会員は、利用可能残高の範囲内で、Sma-sh pay加盟店での決済手段としてSma-sh pay利用することができます。

第6条 再発行・払戻し

1.当社は、理由の如何を問わず、Sma-sh payの再発行及び換金をいたしません。また、当社が特に認める場合又は法令等により払戻しが義務付けられている場合を除き、Sma-sh payの払戻しは一切いたしません。

2.前項にかかわらず、カードを媒体としたSma-sh payの破損については、破損の原因がお客様の故意に基づかないことが明らかで、かつ、当該破損した媒体に係るSma-sh payの特定・判別が可能であると当社が判断した場合、所定の手続きを行うことで新しい媒体にてSma-sh payを再発行する場合があります。その場合、破損した媒体のSma-sh payとの交換及び当該Sma-sh payの利用停止を条件として、再発行する媒体のSma-sh payに利用可能残高を移行させるものとし、払戻しは一切いたしません。

第7条 利用可能残高

1.会員は、保有するSma-sh payの利用可能残高の範囲内でのみSma-sh payシステムを利用することができます。

2.会員が保有するSma-sh payの利用可能残高は、当社のWebサイト上もしくはスマートフォン用のアプリケーション上にて確認することができます。また、当社が定める一部の媒体にて提供されるSma-sh payについては、利用可能残高と併せて利用履歴を確認することができますが、履歴表示の有無・内容・件数等は、当社が定めるところによるものとします。

3.会員が複数のプリペイド番号を保有している場合には、その利用可能残高は、プリペイド番号毎に個別に算定されます。

第8条 利用可能残高の引継ぎ

1.会員は、保有するSma-sh payうち当社が定める条件を満たしたSma-sh payに限り、当社が指定する残高引継ページ等で所定の操作を行うことにより、プリペイド番号毎に個別に算定される利用可能残高をひとつにまとめることができます。但し、引継先のSma-sh payの利用可能残高の上限値を超えて残高をまとめることはできないものとします。前項に定める利用可能残高の引継の条件は、Sma-sh payの種類や媒体に応じ、当社所定のWebサイトや媒体上に表示するものとします。また、これらの条件は、事前告知なく当社が変更できるものとします。

2.他のSma-sh payへの利用可能残高の引継ぎを行ったSma-sh payの残高は0(ゼロ)POINTとなり、当該Sma-sh payのプリペイド番号は利用できなくなるものとします。

第9条 有効期限

1.Sma-sh payは、利用有効期限はありません。

第10条 Sma-sh payの管理

1.会員は、Sma-sh payや媒体を、自己の責任により厳重に管理し、プリペイド番号を他人に知られないように十分に注意を払わなければならないものとします。

2.当社は、Sma-sh payや媒体の盗難、不正利用、紛失等に関しては、一切責任を負いません。

第11条 会員による取引

1.会員と加盟店、Sma-sh pay購入手段における取引は、会員の責任と費用負担において行われるものとし、当該取引に関し、当社は一切責任を負いません。

2.当社は、Sma-sh pay加盟店又はSma-sh pay購入手段を代理するものではありません。

第12条 反社会的勢力の排除

1.会員は、現在次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを当社に対して確約し、表明するものとします。

(1)暴力団員、又は暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者。

(2)暴力団準構成員。

(3)暴力団関係企業の従業員、ならびに関係者。

(4)総会屋等。

(5)社会運動等標ぼうゴロ。

(6)前各号の共生者。

(7)その他前各号に準ずる者。

2.会員は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。

(1)暴力的な要求行為。

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為。

(3)取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為。

(4)風説を流布し、偽計又は威力を用いて当社の信用を棄損し、又は当社の業務を妨害する行為。

(5)その他前各号に準ずる行為。

3.当社は、会員が本条第1項及び第2項に定める事項に違反した場合、もしくは違反しているおそれがあると当社が判断した場合、お客様に何ら催告をせず直ちにSma-sh payのご利用を停止することができるものとし、当該Sma-sh payの利用可能残高は失効するものとします。併せて当社は、これにより当社が被った損失、損害、費用等の賠償をお客様に対し請求できるものとします。

第13条 免責事項

1.会員又は会員が保有するSma-sh payや媒体が以下のいずれかに該当する場合、又は該当するおそれがある場合、当社は、当社の判断により、会員によるSma-sh payの利用をお断りするか、又はSma-sh payの利用を中断もしくは停止することができるものとします。

(1)不正な手段もしくは当社が推奨しない入手方法にてSma-sh payもしくは媒体を取得した場合、又は不正な手段により取得されたSma-sh payもしくは媒体であることを知りながら利用した場合。

(2) Sma-sh pay又は媒体が改竄、偽造又は変造されたものである場合。

(3)会員がリアルマネートレードやマネーロンダリングに該当する行為もしくはこれらに類似する行為を行っていると当社が判断した場合。

(4)会員が本規約に違反した場合。

(5)警察や裁判所その他の行政機関から要請又は命令があった場合。

(6)上記の他、当社が不適切と判断した場合。

(7)キャンペーンなどにより当社より付与されるSma-sh payの不正取得が検知された場合。

(8)偽造及び盗難クレジットカード、その他犯罪行為によって取得された決済手段によって「Sma-sh pay」の購入やチャージが行われたことが検知され場合。

2.前項に事由により、利用を停止されたSma-sh payの利用可能残高は失効するものとし、当社は、Sma-sh payを利用できないことにより会員に生じた損害及び失効した利用可能残高について、一切責任を負わず、また、会員に対し何ら補償も行わないものとします。また、会員が保有するSma-sh payを第三者が利用した場合も同様とします。

第14条 Sma-sh payシステムの中止・中断

会員は、Sma-sh payシステムの保守、点検等のため、又は、天災、通信回線の故障その他のやむを得ない事情により、Sma-sh payシステムが中止又は中断される場合があることを了承するものとします。当社は、当該中止又は中断により生じた会員の損害について、一切責任を負わないものとします。

第15条 Sma-sh payの終了

当社は、社会情勢の変化、法令の改廃その他当社の都合により、事前に告知のうえ、Sma-sh pay及び媒体の一部もしくは全部の発行又は利用を終了する場合があります。

第16条 退会について

会員は、退会を希望する際、公式ホームページ「サポート窓口」メールフォームより会員登録時に設定した会員ID、氏名を記入し、退会の意思を通知するものとします。当社は、退会希望通知受領後、2営業日程度で会員個人情報を消去するものとし、メールにて退会手続きが完了したことを通知するものとします。尚、退会時にSma-sh payポイントの残高がある場合、Sma-sh payポイント残高は失効するものとします。

第17条 損害賠償

1.当社の責めに帰すべき事由によりお客様が損害を被った場合、当社の損害賠償責任の範囲は、当該事由が発生した時点においてお客様が保有するSma-sh payの利用可能残高に限られるものとし、間接損害、特別損害及び逸失利益については予見可能性の有無を問わず損害賠償責任を負わないものとします。但し、当社に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。

2.会員は、本規約に違反したことにより当社、Sma-sh pay加盟店、Sma-sh pay購入手段、他の会員又はそれ以外の第三者に損害を与えたときは、その一切の損害を直ちに賠償することを了承するものとします。

第18条 準拠法及び裁判管轄

本規約の準拠法は日本法とし、Sma-sh payに関する一切の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第19条 本規約の変更

1.当社は、当社のWebサイトに相当期間を定めて告知することにより、本規約を変更することができるものとします。

2.2. 前項の変更は、改訂日に発効するものとし、会員がSma-sh payシステムを利用した時点で改訂後の規約に同意したものとみなします。また、当該改訂日前に入手したSma-sh payについても改訂後の規約が適用されるものとします。

ポイント還元に関する特約事項

第1条 定義・目的

ポイント還元とは、実施期間を2019年10月1日から2020年6月30日とした国が行う消費者還元補助金事業(以下、本事業)によって交付される補助金を原資としたSma-sh payポイントの付与をいうものとし、本特約事項は本事業における不正利用が行われた場合の当社の対応を明確にすることを目的とする。

第2条 ポイント還元の停止・取消しについて

当社は、会員に帰責する以下の不当な取引が判明した場合には、当該会員に対し、判明した時点以降のポイントの還元を停止します。また、当社は、当該会員に対し、以後のSma-sh payの利用を停止し、又は会員としての登録を取り消すことが出来るものとします。その場合、当社は当該会員に対し、既に付与したポイントを取り消しできるほか、国、補助金事業局又は各登録決済事業者に生じた損失額に相当する金額を請求できるものとします。

(1)他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(2)架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の事態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(3)商品若しくは権利の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャンセル決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(4)本事業の対象でない取引を対象であるかのように取扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(5)本事業の対象取引が取消、解除その他事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業対象外である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(6)本事業の対象ではない加盟店が対象であると申告することで、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること

(7)その他公募により経済産業省から採択された本事業の執行団体である補助金事業局が補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断した取引

2019年12月20日改定